天明鋳物の森
星 宮 神 社

御祭神 天津日高彦穂迩々杵命
(あまつひたかひこほのににぎのみこと)
0283-22-1668


久安年中(1145〜1150)の草創。境内地は四段歩の内 2分の1は丘陵を成し古来ミササギと称される。

銅造鳥居
銘には願主天明町惣産子享保20乙卯年(1735)3月金屋町 新町総鋳物師棟梁大工職という刻銘がある。天明鋳物の名匠たち が協力し、天明宿の総氏子が奉納した明神鳥居。

1月1日 歳旦祭
2月3日 節分祭
7月25日を中心とした4日間 夏祭
11月23日 新嘗祭
12月31日 古札焼納祭 除夜祭

星 宮 神 社

電話0283-22-1668
東北自動車道「佐野藤岡IC」より車で10分
戻る